スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鋼耐震】防災の日に、お住まいの安全点検を。

9/1の「防災の日」は、1923年(大正12年)のこの日に起きた
「関東大震災」の教訓を忘れないことと、秋に多発する
台風への備えの意味もこめて1960年(昭和35年)に制定されたものです。

地震イラスト

また、阪神淡路大震災では、家具や家電の転倒による被害も多く報告
されています。

不安定な家具、また危険なものがないかなど、この機会にぜひ耐震診断
を含めた、お住まいの点検を考えてみてはいかがでしょうか。
bousai50.gif

家庭では、いざという時に備え避難場所の確認や非常持ち出し袋を
用意しておきましょう。

中身は一人で持ち出せる最低限のものを。また、一年に一度は必ず点検、
電池やミネラルウォーター、缶詰などは古くなっていれば新しいものと
交換します。

その他にも、災害直後には持ち出せなくても後々使用できるように水や
インスタント食品を別に保管しておくと安心です。

防災グッズ


鋼耐震は、既存の木造住宅の居室部分に鋼鉄製シェルターを
設置することで、震度7以上の大震災発生時に
『そのままお部屋で過ごすだけ』で、大切な
家族の生命と財産を守ります 。


鋼耐震断面図

全国で750棟の家屋に施工した実績があり、
自治体の補助金も受けることができます。

ただいま、防災の日キャンペーンにて
無料で、お見積もりいたします。



詳しくは弊社ホームページか、お電話にてお問い合わせください。(担当:本吉)

TEL(フリーダイヤル) 0120-81-2104
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【鋼耐震】防災の日に】

9/1の「防災の日」は、1923年(大正12年)のこの日に起きた「関東大震災」の教訓を忘れないことと、秋に多
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。