スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鋼耐震】防災の日に、お住まいの安全点検を。

9/1の「防災の日」は、1923年(大正12年)のこの日に起きた
「関東大震災」の教訓を忘れないことと、秋に多発する
台風への備えの意味もこめて1960年(昭和35年)に制定されたものです。

地震イラスト

また、阪神淡路大震災では、家具や家電の転倒による被害も多く報告
されています。

不安定な家具、また危険なものがないかなど、この機会にぜひ耐震診断
を含めた、お住まいの点検を考えてみてはいかがでしょうか。
bousai50.gif

家庭では、いざという時に備え避難場所の確認や非常持ち出し袋を
用意しておきましょう。

中身は一人で持ち出せる最低限のものを。また、一年に一度は必ず点検、
電池やミネラルウォーター、缶詰などは古くなっていれば新しいものと
交換します。

その他にも、災害直後には持ち出せなくても後々使用できるように水や
インスタント食品を別に保管しておくと安心です。

防災グッズ


鋼耐震は、既存の木造住宅の居室部分に鋼鉄製シェルターを
設置することで、震度7以上の大震災発生時に
『そのままお部屋で過ごすだけ』で、大切な
家族の生命と財産を守ります 。


鋼耐震断面図

全国で750棟の家屋に施工した実績があり、
自治体の補助金も受けることができます。

ただいま、防災の日キャンペーンにて
無料で、お見積もりいたします。



詳しくは弊社ホームページか、お電話にてお問い合わせください。(担当:本吉)

TEL(フリーダイヤル) 0120-81-2104
スポンサーサイト

耐震シェルターの鋼耐震を新宿駅西口ホールで展示します。

2012年8月29日(水)~31日(金)

新宿駅西口イベントホールにて、

耐震シェルター鋼耐震の展示会を行います。

「シェルターってどんなもの?」「住まいの強度が心配…」「費用はどれくらい?」
とお考えの方は、この機会に、鋼耐震の詳しいご説明とともに、
あなたのお住まいの耐震対策について弊社の一級建築士にご相談ください。、

鋼耐震断面図こう耐震白切抜き

「地震シェルター鋼耐震」の詳しいご説明をはじめ、全国で750棟を超える
施工事例
や価格などのご案内をしています。

リフォーム事業のお知らせ(収納編)

私たちが行うリフォーム工事は、戸建て住宅における耐震診断や耐震工事を始め、
従来の耐震シェルター不動震・鋼耐震の設置や快適な介護のためのご提案を行う
ほか、今後はマンションを対象としたリフォームも行ってまいります。

特に戸建て・マンションにかかわらず、「収納」についての提案に力を
入れていきたいと考えています。

住まい選びのときに、収納を重視する方は少なくありませんが、
本当の使い勝手のよさや、スペースの有効利用をよく考えてみると
まだまだ改善の余地がたくさんあると思います。

例え、同じスペースであっても、家族構成、使用する方の身長、年齢、
などによって、使い勝手や収納する物、必要な棚の数などは
個々に違ってくるはずです。

マンションや分譲住宅はもちろんですが、たとえ注文住宅であったとしても、
上記のように「その家に住む家族の都合に最適な収納」を提案し設置している
住まいは少ないのではないでしょうか?

最近のシステムキッチンなどでは収納がセットになっていますが、
棚の高さや、数、必要な食器や調理器具などは各ご家庭で異なりますので
意外に使いづらいと感じる方も少なくありません。
既製品は量産する都合上、ある程度「万能向け」になっています。
このことは、ご自身で家具店で好みの食器棚を選らんだとしても同じ
ことが言えますし、寸法や色などで制約もあります。

毎日の生活で、必ず利用する「収納」を考えることは、作業効率は
もちろん、収納量の改善にも大きな効果があります。

スッキリとしたお部屋の満足感を、私たちが個別にご提案いたします。

近日中に、戸建て・マンションリフォームのページを追加します。

毎日暑いですね。

さて、弊社では8月中を目安に「戸建て」「マンション」リフォーム事業を
ホームページにアップする予定です。

従来の、耐震リフォームはもちろんですが、一般リフォームの事業も
地元の春日部市、越谷市、さいたま市、川口市を中心に本格的に手がけてまいります。

全体リフォームから、水周りなどの部分リフォームまで、キメ細かく対応します。
特に、収納や介護、高齢者に対し独自に細かな配慮を加えた提案をさせて
いただくために、その商品化を企画中です。

価格もできるだけわかりやすく、本当に感謝されるサービスを展開して
まいりますので、よろしくお願いいたします。

HPには8月中にはアップしたいと思います。

耐震工事4

内装工事


大変遅くなりましたが、耐震工事の工事工程の続きを紹介致します。

鉄骨の組み立てが終わりますと、今度は大工が入り仕上げていきます。

木工事01
床下地です。断熱材も敷きつめます。

木工事02
コンパネ12mmも下地とします。

木工事03
フローリング仕上げです。

木工事06
壁下地です。

木工事05
断熱材も入れます。

木工事1
コンパネ12mmも下地とします。

木工事04
壁下地の完成です。

木工事07
天井も同じ用に仕上げます。

次回は、いよいよ完成です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。